トップページ > レシピ > 2008年6月のレシピ

   2008年6月のレシピ

今月のレシピは"本和香ミルクと漆ごまの2色寒天”です。
2種類の砂糖の特徴を引き出すこのメニュー。 上品な甘さの本和香糖をベースにして、漆に黒胡麻を加えて甘さのアクセントに。 見た目も美しく、2種の砂糖の持ち味が見事なバランスで味わえます。 材料もシンプルですが、ちょっとしたコツがこの美味しさの秘密です。
夏に向けたこれからの季節、ひんやり和スイーツを是非お試しください!

 本和香ミルクと漆ゴマの2色寒天

本和香ミルクと漆ゴマの2色寒天
鈴木先生の“ココがポイント★”
ミルクに本和香糖を加え、まろやかな味に仕上げた寒天に、ゴマと黒糖風味の漆をあわせた寒天を ちりばめました。味が違う二つの寒天ですが、一緒になると奥深く上品な味になります。見た目もきれいなので、初夏のおもてなしのお菓子にいかがですか?
  • 実作業時間 約15分間
  • 1人分のカロリー 106kcal
      (10人分として計算)
  • 1個分の塩分 0g
  • 素材
    材料(13.5cm×15cmの流し缶 1個分)
    ミルク寒天

    牛乳

    生クリーム

    本和香糖

    粉寒天

    350cc

    100cc

    50cc

    100g

    4g(小さじ2)

    ひとつまみ

    ゴマ寒天

    黒練ゴマ

    粉寒天

    250cc

    小さじ2

    70g

    2g(小さじ1)

    ひとつまみ

    その他

    黒いりゴマ

    適量




    1. ゴマ寒天を作る。鍋に水を入れ、粉寒天をふり入れる。中火にかけ、沸騰したら漆を入れ、弱火で約2分間煮立たせる。 火を止め、練りゴマと塩を加え混ぜ、こしながら流し缶に入れ固める。固まったら型からはずし、7〜8o角に切る。
    2. ミルク寒天を作る。鍋に水を入れ、粉寒天をふり入れる。中火にかけ、沸騰したら本和香糖を入れ、弱火で約2分間煮立たせる。 火を止め、ぬるま湯程度に温めた牛乳と生クリーム、塩を加え、こしながら流し缶に入れる
    3. ミルク寒天が固まりかけたら、切ったゴマ寒天を全体にちらしながら入れ、もう一度固める。
    4. 3.を好きな形に切り分け、最後に黒いりゴマをのせる。